Google Mapで任意の場所に目印やシェイプで位置を簡単表示

googlemap

Google Mapで任意の場所にシェイプで位置を簡単表示

基本的な操作は先程まで説明した内容と同じですので、ここでは目印の代わりにシェイプを使った位置表示方法を紹介していきます。
シェイプでは「直線を引く」「道なりに線を引く」「シェイプを描く」とあります。
ここでは「シェイプを描く」を選択して任意の図形を書いていきます。

シェイプ図形で位置を表示

シェイプを描くポイントをクリックして図形を描いていきます。

シェイプ作成

最初のポイントをクリックしてシェイプを閉じるか、ダブルクリックしてシェイプを閉じます。

シェイプを閉じる

すると任意の場所に作成したシェイプ図形に対して吹き出しが表示されます。後は「Google Mapマイプレイスで地図を作成する基本方法」の内容と同じなので説明は省きます。

続いてシェイプ図形の色を変える方法について紹介します。吹き出しの所に塗りつぶし色を変えるボタンがあるので、それをクリックします。

塗りつぶし色変更

するとシェイプスタイルに関しての項目が出てきますのでそこで変えたいスタイルを変更してOKをクリックします。

シェイプスタイル変更

これで任意の位置にシェイプ図形で表示されました。目印とは違い範囲の広い場所とかを印したい時などに使うと便利だと思います。

任意の位置にシェイプで表示

続いて目印に使うアイコンの変更方法や吹き出しに画像を載せるようなオプション的な方法を紹介していきます。興味のある方は引き続きご覧ください。

ページ: 1 2 3 4 5

最終更新日: 2013年3月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • ameba
  • addthis
  • Clip to Evernote

Google Mapで任意の場所に目印やシェイプで位置を簡単表示の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*