Google Mapで任意の場所に目印やシェイプで位置を簡単表示

googlemap

Google Mapマイプレイスで地図を作成する基本方法

まずはGoogle Mapにアクセスし目印を付けたい任意の箇所をある程度までズームし位置をドラッグしながら調整し表示します。

googlemap

任意の場所周辺が表示できたらマイプレイスをクリックします。

Google Mapマイプレイス

続いて地図を作成をクリックします。

マイプレイス 地図を作成

すると下記画像のような表示になります。

マイプレイス

作成方法は画像に記してある番号①②③の順番に作成していきます。

番号①任意の位置に目印やシェイプを付ける

番号①の箇所のボタンをクリックして目印やシェイプを作成します。ここでは目印を任意の位置に付けてみたいと思います。

目印追加

目印を追加をクリックします。目印が出てくるので任意の位置にクリックして地図上に目印を追加します。

目印を地図上にクリックして追加

すると下記画像のように目印をクリックした時に出る吹き出しが表示されます。

吹き出し入力

タイトルと説明を入れてOKをクリックします。OKをクリックすると吹き出しが一旦消えます。
続いて番号②にあるタイトルと説明を入れ番号③の完了をクリックして完成させます。

番号②③マイマップ項目用タイトル説明を入力して完成

番号②のタイトルと説明はマップ項目に表示されます。タイトルと説明を入れたらプライバシー設定と共有設定を選択します。ここまで出来たら番号③の完了をクリックして完成です。

任意の位置に目印を追加したgooglemap完了

ここまで出来たら下記図に記してある番号①のGoogleロゴをクリックしてGoogleMap初期ページに戻り、番号②のマイプレイスをクリックして作成できているか確認してみましょう。

Google Mapマイプレイス

マイマップの項目に先ほど作成した項目が追加されています。

追加された項目

この項目をクリックして任意の位置に目印が表示されるか確認してみます。目印が確認できたら目印をクリックして吹き出しが表示されるか確認してみましょう。

任意の位置の地図を確認

ここまで確認できたらブログなどに貼り付けるコードを取得します。

リンクをクリックしてブログなどに貼り付けるコードを取得

リンクをクリックしたらブログなどに貼り付けるコードが取得できます。地図を任意のサイズにしたい場合は「埋め込み地図のカスタマイズとプレビュー」を更にクリックすると任意サイズの地図用コードが取得できます。

地図のコード取得

ここで取得したコードをブログなどに貼り付けたら全てが完了です。ここまでがGoogle Mapで任意の場所に目印を表示する基本的な方法です。

続いて任意の場所にシェイプを使って位置を表示する方法を紹介します。

ページ: 1 2 3 4 5

最終更新日: 2013年3月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • ameba
  • addthis
  • Clip to Evernote

Google Mapで任意の場所に目印やシェイプで位置を簡単表示の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*